お金を借りるイメージ


毎月の生活費に加えて急な出費があり給料日まで待てない時や、少ない給料やアルバイト代では支払いきれない額の出費ができてしまうことは誰にでもあります。でも家族や両親には迷惑をかけたくないので内緒にしておきたいと思うかもしれません。

そんな時はカードローンでお金を借りることも検討してみましょう。

しかし特に初めてこれからお金を借りようと思っている人は、キャッシングすることに対して不安になったり緊張したりするはずです。

必要最小限の借入を!

カードローンを利用するにあたって理解しておいて欲しいのは、お金を借りることで当面のピンチを乗り切るメリットがある一方で、借金をするのはそれなりの危険性もはらんでいるという点です。

まず大切なのは必要最小限の額を借りるということです。

カードローンで失敗する人を見ると「もしかするともっとお金が必要になるかもしれないから少し余分にお金を借りておこう」と考えるパターンが多いです。

しかしお金を借りたらそのお金を返す他にも利息を支払わないといけません。利息は元金に対して一定の割合でかけられます。元金が大きくなれば利息の額も大きくなり、結局返済負担を大きくするだけです。

また「余ったらそのまま返済をすればいい」と思う人もいるようです。しかし人間とは弱いもので手元にあるお金はすべて使ってしまう人が案外多いです。

もちろんお金の管理が徹底していて余ったお金を返済に充てる人もいます。ただしリスクの高さを考えると、無駄に余計なお金は借りずに必要最小限の借入を心がけた方が無難でしょう。

最低借入額について

■銀行カードローン⇒10万円から借入可能
■消費者金融カードローン⇒1万円から借入可能

※例外あり

自分に合った返済計画を!

お金を借りるにあたって借入できるかどうかで不安な人も多いです。パート主婦や正社員であっても奨学金の返済が残っている人は「カードローンの審査をクリアするのは難しいのでは?」と心配するかもしれません。

しかし借入できるかどうかと同じくらい着目すべきポイントとして、借りたお金をきちんと返済できるかどうかも考えるべきです。

借金で失敗する人で多いのがこのパターンです。目の前のお金の問題で頭がいっぱいになってしまい借りられるかどうかしか考えず、借りた後のお金を返す当てがあるかどうかまで気が回らないのです。

これだとたとえ借入できても返済期日が近づけばまた問題が目の前に横たわります。ただ単に問題を先送りしたに過ぎないわけです。

返せるお金を借りることが原則です。もし返せないのであれば借金ではなく他の方法で問題解決しなければなりません。

そしてお金に余裕ができたらまず優先的に返済に充てることも心掛けてください。カードローンの利息は日割り計算されています。つまり早めに返済をすればするほど利息額が少なくなって、返済総額も少なくできます。お金を借りているなら手元のお金はまず返済に使いましょう。

消費者金融の返済シミュレーションを利用しよう

■アコム(金利15%又は18%)
http://www.acom.co.jp/simulation/index.html?sid=5486ffb7d954db2961da&p1=users&p3=5486ffb7d954db2961da

■プロミス(金利17.8%)
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control;jsessionid=0001IAsMymzsn1PcGn7_HqjhRwj:1

補足-いくら借りていつまでに返すかに加えて、銀行や各カード会社の金利をチェックすることもお忘れなく。

この記事のまとめ

お金を借りるのが初めてであっても無理なく返済できる必要最小限の額の借入なら、あとから後悔せずに済むはずです。カードローン利用時の注意点さえ守れば、皆様にとってカードローンは使い勝手の良いプラスになるサービスと言えるでしょう。

留学のために銀行のフリーローンを組みました

私はずっと韓国語を勉強していました。 短大卒業後も大学に編入をして韓国語を 勉強...

お金を借りる前に考えること

お金が無くなったら、消費者金融等から借りるのは極力控えましょう。最近そういった類...

必要なお金は知り合いに借ります

急にお金が必要になった時には、私は知り合いにお金を借ります。それは自分では用意で...

お金を借りる理由

まず借金を内緒にしていたというのは理由があるからではないかと思います。 理由によ...